おともだちカレー(絵本)友だちと遊ぶのが嫌な子も楽しくなる

『おともだちカレー』 きむらゆういち 著江川智穂 絵世界文化社 出版おすすめ年齢:2~4歳児 ■あらすじ■うさぎちゃんは外で遊ぶのが嫌いです。きつねくんが鬼ごっこしようと誘っても「どうせ捕まるから嫌」さるくんが縄跳びしようよと誘っても「上手く跳べないから嫌」などと言っておうちで絵本を読んだり、お絵かきをします。 たぬきくんが「かくれんぼしようよ」と言ってきましたが、うさぎちゃんは当然「…

続きを読む

ものすごくおおきなプリンのうえで(絵本)独特の雰囲気の内容と絵に引き込まれます

『ものすごくおおきなプリンのうえで』 二宮由紀子 著中新井純子 絵教育画劇 出版おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■ものすごく大きなプリンの上で、”縄跳び”をするとしたらどうなるでしょうか? ものすごく大きなホットケーキの上で縄跳びをすると?ものすごく大きなショートケーキの上では?ものすごく大きなアイスクリームの上では?いったいどうなってしまうのでしょうか? そして、一番縄跳びをし…

続きを読む

ねずみのよめいり(日本昔話)天気のそれぞれの力関係がおもしろい

『ねずみのよめいり』 市川宣子 文かわかみたかこ 絵小学館 出版おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■ネズミの夫婦に一匹の女の子ネズミが産まれて、たいそうかわいがられて育てられていました。 娘ネズミが大きくなるとお父さんとお母さんは思いました、「この子にお婿さんを探してやらないとなあ」「世界一大事な娘だから、世界一のお婿さんを探さないと」お父さんは誰がよいか考えて考えて、まず最初にお日…

続きを読む

しょうぼうじどうしゃ じぷた(絵本)人それぞれ適材適所があり、輝ける場面がある

『しょうぼうじどうしゃじぷた』 渡辺茂男 著山本忠敬 絵福音館 出版(こどものとも絵本)おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■あるまちの真ん中にある消防署には4台の車がありました。はしご車ののっぽくん、高圧車のぱんぷくん、救急車のいちもくさん、そしてジープを改良した小さな消防車のじぷたです。 火事になるとのっぽくんは高いところの人を助けたり、ぱんぷくんはすごい勢いで水を出したり、いちも…

続きを読む

がたごとがたごと(絵本)見開きの絵で子どもの発見を盛り上げる

『がたごと がたごと』 内田麟太郎 著西村繁男 絵童心社 出版おすすめ年齢:2~5歳 ■あらすじ■ある駅に電車が来ました。お客さんがたくさん乗りました。子どもを連れた家族、おじいさんおばあさん、サラリーマン、電車はいろいろなお客を乗せて出発しました。町を抜けて、山を越えて、次の駅に着くとお客さんが… style="display:block" data-ad-client=…

続きを読む

地震がおきたら(絵本)災害が起きた時の対応策や状況を具体的に教えてくれます

『地震がおきたら』 谷敏行 原案畑中弘子 文かなざわまゆこ 絵BL出版 出版おすすめ年齢:2~小学生 ■あらすじ■小学三年生のけんちゃんと小学一年生のゆうちゃんの兄妹は、家に帰ると学校であったことを話しました。 「今日、消防士さんが来てくれて地震の話をしてくれたり、避難訓練をしたんだよ」するとお母さんも昔にあった阪神大震災の話をしてくれました。壊れたおうちの中に取り残されたこと、助けを…

続きを読む

キョウリュウがほしい(絵本)実際に恐竜を飼うとどうなるかを想像できる

『キョウリュウがほしい』 ハーウィン・オラム 著きたむらさとし 絵・訳BL出版 出版おすすめ年齢:3~5歳児 ■あらすじ■アレックスはキョウリュウを飼いたくてたまらない少年です。友達はみんなイヌやかたつむりを飼っているので羨ましくて、今日もおじいさんに「ぼく、キョウリュウがほしい」と言いました。 「そんなにほしいならキョウリュウを買ってあげよう」と言われ、二人はキョウリュウデパートへ出…

続きを読む

三びきのやぎのがらがらどん(絵本)やぎの兄弟それぞれのトロルへの対応に注目の名作

『三びきのやぎのがらがらどん 』 ノルウェーの昔話マーシャ・ブラウン 絵せた ていじ 訳福音館書店 出版おすすめ年齢:2~5歳児 ■あらすじ■昔あるところに三匹のやぎがいました。名前はどれも『がらがらどん』といいました。 ある日山の草場で草を食べようと出かけましたが、その山の頂上へ行くには橋があり、そこを渡らなければならないのですが、橋の下に気味の悪い恐ろしい『トロル』が住んでいました…

続きを読む